ウォーターサーバーイメージ

ランキングサイトを参考に軟水のウォーターサーバーを購入しました

日本は水資源の豊富な国で、水は無料で手に入ると言われていうのはすでに過去の話と言えるでしょう。
環境の悪化が叫ばれている背景もあり、より安全できれいな水を飲むためにウォーターサーバーを多くの方が契約されています。
日本の水には硬水と軟水http://xn--gckgmm7eyd4f9cdq6gb6ib.com/2.htmlがあります。
硬水とは、ミネラル分の多い水のことで、新陳代謝を高めて体の中の不純物を体外に排出させる働きがあり、ダイエットの最中に飲むことも良いですし、運動後には最適な水と言われています。
とくにダイエットサポートにおすすめの種類はhttp://www.ewpra.org/diet.htmlで紹介されています。

しかしその反面、胃腸の弱い方や子供、赤ちゃんが飲むとお腹を壊してしまうことがあり、このような方々は飲まない方が良いと言われています。
そこで私が購入したのが、軟水のウォーターサーバーです。
ランキングサイトを参考に購入しました。
その理由はやはり赤ちゃんに優しいということ妊婦にも優しいということです。
いわゆる新婚家庭である我が家ではいつ新しい生命が誕生するかも分かりません。
そのような状況で大切な妻を危険な目に合わせるわけにはいけませんから、購入に至ったのです。
結果としては、やはり日本の水道水はほとんどが軟水ですから、本来軟水は日本人の口に合っていると言えます。
また近い将来生まれてくるであろう赤ちゃんのミルクを作る場合にも軟水は適しているとのことですから、購入しないわけにはいけません。
粉ミルクは水道水でつくることを前提として製造されており、少ないミネラル分を粉ミルクで補給できるようにあらかじめ栄養分が調整されているので、ミネラル分の多い硬水でミルクを作ってしまうと、ミネラルの過剰摂取とり逆に体を壊してしまう危険性があるということです。
さらに、妊娠中にお腹をこわす可能性のある水は、出来るだけ飲まない方が賢明ということから購入をして良かったと思っています。
また、その赤ちゃんや妊婦にとって大切な軟水が危険にさらされていると言われています。
これはどのようなことなのでしょうか。
もともと水道水には雑菌を殺すために塩素が用いられていますが、塩素の殺菌力でも死滅しない寄生虫が病気の原因になる事もありますし、色々な有害物質が水を危険なものにしていると言うのです。
使用する水の全てをウォーターサーバーやミネラルウォーターでまかなうことはできませんから、今の日本の水道水で起きている問題は、どのようなものがあるかを知ることは大切なことではないでしょうか。
この問題となっている成分には、発がん性物質であると共に流産や死産との因果関係が指摘されているトリハロメタンというものがあります。
この他に、塩素に対しての抵抗力が強い寄生虫も存在しています。
寄生虫というのはもともと自然界に生息しているもので、外国では河川などで頻繁に検出されています。
そしてこのトリハロメタンと寄生虫の増加には共通の背景があるのです。
それはろ過方法です。
現在の日本では、短時間でろ過させ水道水にする方法として急速濾過法というものを使用しています。
これは薬品を使用してろ過する方法で、効率性は非常に良いのですが寄生虫の混入を完全に防ぐことは出来ないといいます。
ですから演奏を注入することになったのですが、この塩素が原因でトリハロメタンなどの有害物質が発生してしまうことになるのです。
このような背景から、ウォーターサーバーを使用することは赤ちゃんや妊婦を守ることにもつながり、ひいては日本を守るということにつながるのではないでしょうか。
ウォーターサーバーを使うメリットはまだまだたくさんあります。

Copyright(C) 2010 おいしい水.com All Rights Reserved.